Top > 美容 > 乾燥肌はさまざまな肌トラブルを招く!

乾燥肌はさまざまな肌トラブルを招く!

寒い冬の季節になると、空気が乾燥して肌も乾燥しがちになってしまいます。

肌が乾燥すると、どうしてもツヤや透明感がなくなって老けた印象を与えるようになり、さらに、敏感肌、ニキビ、シワなどを招くことになりますので女性にとっては大問題です。

しかし、本来、人の肌は乾いた空気の中でも肌内部の水分が蒸発しないように守られています。

このような水分蒸発を防ぐという役割を肌内部で担っているのが肌の一番上の表皮という部分の中で働くバリヤ機能です。

表皮の角質層の中で角質細胞がレンガ状に約20層積み重なって、それらを角質細胞間脂質と呼ばれるセラミドなどの保湿成分が隙間をつなぎ留めることでバリヤ機能が形成されています。

このバリヤ機能の働きのおかげで、肌内部の水分量が保持されて乾燥から肌を守っています。

ちなみに、健康的な肌は、約20~30%の水分を保持していますが、これが20%以下になると乾燥肌になります。

そして、このバリヤ機能は、紫外線などの外部からの浸入をブロックするという働きもあります。

しかし、何らかの原因で、また、老化の影響でセラミドなどの保湿成分が不足すると、バリヤ機能が低下して、水分が蒸発して乾燥肌に陥り、さらに、外部からの紫外線などが、どんどん肌内部に入り込みようになります。

化粧水がピリッとしみたり、衣類や髪の毛が触れただけで反応してしまう敏感肌は、バリヤ機能が低下して外部からの刺激が入りやすくなったために起こる症状です。

このように外部からの刺激が入りやすくなって侵入してくる紫外線は、肌内部の奥にまで浸入してメラニン色素を多量に作りだし、多くのシミを作ることになります。

よく乾燥肌の女性が「乾燥肌は美白が効かない・・・」と嘆いているようですが、これは、乾燥肌により、紫外線が肌内部の奥まで入り込み、メラニン色素を多量に作っているためです。

間違いのないダイエット・スキンケア・ヘアケアを!

このような、さまざまな肌トラブルを招かないために、セラミドなどの保湿成分をたっぷりと含んだ美容液で保湿して、乾燥から肌を守りましょう。

 

美容

関連エントリー